出会い系サイトで稼ぐ方法!?援助交際の相場・募集文の作り方・トラブルの防ぎ方などを徹底紹介!

出会い系で稼ぐ

「援助交際は犯罪」と勘違いしている方もいるかもしれませんが、18歳以上の女性であればセックスを伴う援交をしても全く問題ありません。

ただし、17歳以下の場合は援助交際を行うことはもちろん、募集を掛けるだけでも犯罪になるので覚えておきましょう(児童ポルノ処罰法、児童買春禁止法)

男性側は当然として、援助交際を主導した女性にも前科が付くかもしれませんから、18歳になるまでは絶対に援交をしないでください。

女子高生の方がどうしても大金を稼げるバイトをしたいのであれば「JKカフェ」や「JKおさんぽ」などを試してみてはいかがでしょうか。

ただし、JKリフレ・JK見学店などは、援助交際の温床になったり、下着を見せたりすることがあり、摘発の対象になる可能性が高いので避けましょう。

ただ、「お金を出してでも素人の女性と遊びたいという男性」と、「援助交際お金を手に入れたいと考えている女性」はいずれも多いので、今も日本中で援交が繰り広げられています。

ですが、

  • 援助交際の募集方法を知らない
  • 援交の相場を知らない
  • どこでエッチするのか分からない……車?ラブホ?

など、未経験の方からすると疑問点がたくさんあるはずです。

そこでここでは、一番基本的な援助交際のやり方をお伝えしていきます。

出会い系サイトが援交の募集場所として最適なのはなぜ?

一昔前は「援助交際用の場所」のようなものがあり、そこで会社員男性などを誘ってラブホに向かうというパターンが多かったようです。

会社員であればおおよそ安全でしょうし、その頃の基準で言えば効率が良かったのでしょう。

ただし、今は路上で援助交際の募集をすることは事実上できなくなりました。摘発が行われるようになったからです!

そして、今はインターネットが普及に伴い、援助交際の募集はネット上で行うのが普通になりました。

ですが、無料の掲示板などでは、集まってくる男性の質が低いかもしれませんし、そもそもそういった類の書き込みが規制されている(=すぐ削除される)場合が多いので、援助募集はしにくいです。

一番援助交際の募集がしやすいのは、出会い系サイトです。

ただし、どの出会い系サイトでも良いというわけではありません。

10年を超えて運営している大手のサイトを使いましょう。

これくらいの運営歴があるサイトであれば、援助交際の相手に困ることはありませんし、男性の質的にも問題ありません。

ワクワクメールが特におすすめです。

登録者数1000万人超え、運営10年超えと、出会い系サイトの中ではトップクラスの大手です。

ワクワクメール 公式ページ(18歳未満は禁止!)

ワクワクメールの会員になると、あなたの住むエリアの掲示板に割り振られるので、近隣の異性に会いやすくなります。

リッチな男性、公務員、安定性のある会社員も多く登録していますので、援助交際の募集場所として最適!

出会い系に良質な男性が多い理由は?

理由はシンプルで「女性は無料(ほぼ無料)、男性は有料の大手出会い系がほとんど」だからです。

女性は何も心配せずガンガン使えますが、男性はそうもいきません。

一回メッセージを送信するだけでもポイントを使うことになるので、それなりに稼いでいる男性でないと行動しにくいのです。

ですから、女性側は

「まず、ポイントを消費する出会い系サイトのメッセージを10往復ほど行う。その後、LINEなどの(男性から見て)無料のコミュニケーションツールに移る」

という方針を採用すれば、お金のない男性に引っ掛かることがなくなります。

金欠男性は、すぐにGメールやLINEなどを使いたがりますが、そういう提案があった時点で「バイバイ」しましょう。

油断してLINE交換などをしてしまうと、「イケる!」と勘違いした男性からのアプローチがウザったいものになる可能性が高いです。

「ホテル代は別で3万円(ホ別3万)」だったはずなのに、ラブホ代はそっちが出してくれ、ホ別2万にしてくれ……などなど、無理な要求をしてくる男性が少なくありません。

援交をする上は、決して男性に主導権を握らせないようにしましょう。

「全部私がコントロールする」という事を心がけて行動してください。

男性のお願いを聞くつもりでも「ちょっと考えさせてね」などと言って、余裕を見せることを忘れないでください。

男性は「あ、イケるな」と確信すると、際限なく調子に乗る生き物です。

ただし、突き放し過ぎてもダメなので、距離感に気を付けながら援交相手をチョイスしましょう。

出会い系で援交相手をゲットしやすいのはなぜ?

絶世の美女が援交募集をしたとしても、乗ってくれる男性がいないと始まりません。

逆に「あなたにお金を払って遊びたい!」と感じてくれる男性がたくさんいればいるほど、相場が上がります。

ですから、援助交際の募集は、大量の男性がいる大手の出会い系サイトで行うべきなのです。大手であれば登録者数が数百万人いますし、アクティブな男性も星の数ほどいます。

そのため、援助交際の募集をかければ、かなりの人数が声を掛けてくるので、「誰にしようかなあ」と女性側が選択することができるのです。

少しくらい高額で募集しても、誰かは乗ってくれるでしょうから「確実に援交するためにも安めに……」と考えるのはおすすめしません。

忘れがちですが、援交は楽ではありません。接客業&肉体労働ですから心身共に疲れます。

ソープやデリヘルとは違って報酬は100%自分のものになりますが、その代わり何があっても誰も助けてくれません。全部自力で対応する必要があります。

ですから、報酬はそれなりに高くしておくべきなんです。「薄利多売」とは逆の発想ですね。

あなたにのめり込んでくれる男性がいれば、相場に比べて高いお金を出してくれるでしょうし、常連さん(セフレ、愛人)ができることもあります。いわゆる「太客」ですね。

ある程度援助交際に慣れてきたら、太客を確保するために動きましょう。

リッチな男性に好かれれば月収が100万円を超えることもありますし、顔見知りの男性との援助交際であればトラブルが起きる事もまずありません。

いずれにせよ、男性の登録者が多い大手の出会い系サイトは、援助交際の募集をするための最適なフィールドだと言えます!

援助交際の相場

相場は条件や年齢などによって違います。

  • ゴム有:2~3万円
  • ゴム無(中出し無):3~5万円
  • ゴム無(中出し有):5~8万円

といったところ。(これに加えて男性がホテル代を全額出すのが普通です)

あとは、

手コキ・フェラだけ(SEX無):5000~1万円(カラオケ、車内)

などですね。

これがおおよその基準ですが、ルックス、年齢、トークスキルなどによっても変化します。ご自身に合った額を見つけましょう。

安売りすると「チョロい」と思われるので危険ですが、高過ぎるとトラブルを招くことになるので気を付けてください。

適切な金額で男性を喜ばせることができれば、太客や常連さんを確保しやすくなるので、経験を積みながら金額を調節してください。

援交はサービス業。

ソープやデリヘルと同じく、あなた以外にも援交をしている人は大勢います。

ですから、ある程度プライドを捨てる必要があります。

男性の登録者の割合の方が高い出会い系サイトですが、それでもサービスの質が低いと稼げない可能性が高いです。

「男性を喜ばせて常連にすること」が重要なので、「お金さえもらえればいい」などとは思わず、奉仕するつもりで援交に臨んでください。

そういった思いやりのある女性にこそ、常連が付くものです。

「男性にヤラせてやってるのよ!」というような意識では太客はできません。そのままでは、ずっと単発で援助交際をして心身を疲弊させていくことになります。

一人一人どのようなスタイルが向いているのかは違いますが、あまり男性を舐めていると痛い目を見る……という事ですね。

トラブルを防ぐには?

出会い系の援助交際における大抵のトラブルは、意識次第で防ぐことが可能です。

まず、何があっても個人情報を出さないようにしてください。

身分証明書(名前が書いてあるだけの紙類も含む)は一切持参しない。ケータイ番号は伝えない。もし電話する必要があるなら非通知。本名は出さず偽名を使う。ただし、LINEはブロックできるので問題ありません。

とにかく「少しも情報を出さない」つもりでいてください。

もし、援助交際の当日に値段交渉をしてくるなど、問題のある男性だと発覚したのであれば、早めにバックレましょう。

万が一のときは、通報して警察を頼ってください。どんなトラブルでも警察官は対応してくれますので。

また、繰り返しになりますが、18歳以上であれば援交OKですから、警察の前でも堂々としていましょう

ただし、逆恨みされないとも言い切れませんし、そもそも警察官のお世話になるものイヤでしょうから、少しでも不穏な空気を感じたらすぐに逃げてください。

出会い系で援助交際を募集する際の文面は?

出会い系サイトの掲示板には「ピュア掲示板」と「アダルト掲示板」が存在しますが(サイトによって多少名称が違うかもしれません)、どちらでも援交募集ができます。

ただし、どの運営も「援助交際などお金が絡むことがハッキリしている書き込みは削除しますよ~」と一応宣言していますので、

  • 「ホ別3万」
  • 「援交したいです」

などと書き込むのはNG。

  • 「誰かホテルで遊びませんか?」
  • 「給料日前です(-_-)デートしてくれる男性募集!」

など、オブラートに包んだ書き込みをしてください。

ただ、デリヘル業者も、ワリキリ募集・援助交際募集の書き込みを頻繁に行っていますので、妙に「プロっぽい感じ」が出てしまうと、男性に避けられてしまいます。

ですから「素人っぽい文面」にするのがコツです。

例えば

  • 「【定期です!】ホテルで短時間遊べる男性いませんか?」
  • 「23歳金欠フリーターです。今日もパン一枚(泣)。イチャイチャしたり一緒に食事したりしてくれる男性募集です!出会い系を使い始めたばかりなので、とりあえずメールからだと嬉しいです。仲良くなったらLINE交換してください!」

などなど。

あと、プロフ画像は絶対に載せてください。

あまり鮮明でなくても構わないので、顔写真は入れるべきです。顔写真がないと、声をかけてくれる男性が激減します!

「すごい不細工だったらどうしよう……」と思われてしまうので。

出会い系においては男性もある程度ウソをつくので、女性も全て正直になる必要はありません。

5歳くらい年齢を若くしておきましょう(笑)。10歳はさすがに危険ですが、5歳くらいなら大丈夫です。

また、プロフは出来る限り埋めたほうが、男性にアプローチされやすくなります(=援交しやすくなる!)。

性格・趣味・関心があること。ちゃんと5行前後書いて「どんな女性なのか」が見えるようにしておきましょう。

オススメの出会い系サイト

援助交際で稼ぐなら出会い系サイトはワクワクメール一択です。

昨今は援助交際をオブラートに包んだワード「パパ活」が人気です。

しかし実は、PCMAX、ハッピーメールなどの大手出会い系サイトのほとんどはパパ活を禁止しています。たとえ年齢は18歳以上でも、パパ活が運営にばれたら強制退会処分になります。

大手の中では唯一ワクワクメールだけがパパ活を認めているので、パパ活女子も沢山いますし、お金持ちのパパもワクワクメールに集まってくるのです。

ワクワクメールに登録して、ピュア掲示板でオブラートに募集したり、30代後半~50代くらいの男性をプロフで検索したりして、パトロンを探すとよいでしょう。

こういったサイトに登録している男性で30代後半~50代となると女性慣れしていない男性も多いので、あなたが30代後半以下でれば、案外簡単に見つかるものですよ。

ワクワクメール 公式ページ|18歳未満は禁止!

コメント